ジャンボモナカ

34歳のハゲデブがHTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォームmonacaを始めました。

JavaのJSONのような値を実現してくれるHashMap

f:id:maipontan:20200505121424p:plain

JavaJSONのような変数にしたい場合はどうすればいいのだろうかと調べていたらHashMapで実現できることがわかった。

import java.util.HashMap;

class Hoge{
    public static void main(String[] args){
        HashMap<String, String> foo = new HashMap<String, String>() {
            private static final long serialVersionUID = 1L;
            {
                put("hoge","1");
                put("foo","2");
            }
        };

        for (String key : foo.keySet()) {
            System.out.println(key + " : " + foo.get(key));
        }
        //hoge : 1
        //foo : 2
    }
}

JavaScriptと違って初期化しずらいなぁ〜。

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetのテキストの書式を折り返しにする

f:id:maipontan:20200519130213p:plain

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetのテキストの書式を折り返しにしたい場合は、setWrapStrategyメソッドにSpreadsheetApp.WrapStrategy.WRAPを設定すれば実現することができる。

let activeSpreadSheet = SpreadsheetApp.getActive();
activeSpreadSheet.getRange(1,1).setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.WRAP);

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetの書式をクリアー

f:id:maipontan:20200519130213p:plain

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetの書式をクリアー(削除)したい場合は、clearFormatメソッドを使えば実現することができる。

let activeSpreadSheet = SpreadsheetApp.getActive();
activeSpreadSheet.getRange(1,1).clearFormat();

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetのテキストコンテンツをクリアー

f:id:maipontan:20200519130213p:plain

Google Apps ScriptでGoogle Spread Sheetのテキストの内容をクリアー(削除)したい場合は、clearContentメソッドを使えば実現することができる。


let activeSpreadSheet = SpreadsheetApp.getActive();
activeSpreadSheet.getRange(1,1).clearContent();

ただし、注意点として、あくまで選択されたセルの値のみクリアー(削除)されるのであって、書式はそのまま保持されるので注意したい。

Vue.jsとwebpackとbabelを使う

f:id:maipontan:20200525193407p:plain

フロントエンド界隈では、Vue.jsが大流行。

そこでVue.jsとクラスを使いたいのでbabelも採用し、それを最終的にwebpackを経由させてjsファイルを吐き出すということをやってみたい。

まずは、npmコマンドでVue.jsをインストール。

npm install vue

次に、webpackをインストール。

npm install --save-dev webpack `npm install --save-dev webpack-cli'

最後に、core-jsとregeneratorをインストール。

npm install --save core-js@3.6.5 npm install --save regenerator

久しぶりにbabelを調べてみると、Babel 7.4.0から@babel/polyfillが非推奨になったとのこと。

代わりに、core-jsとregeneratorを使ってくれということになっていたので、今回、インストールしました。

// src/app.js
import Vue from "vue";
import "core-js/stable";
import "regenerator-runtime/rumtime";

class Hoge {
  constructor(){
    console.log("hoge")
  }
}

new Vue({
  el:'#foo',
  mounted:function(){
    console.log("foo")
  }
});

まず、ターミナルでjsのトランスフォームを行います。

regenerator src lib

最後に、webpackコマンドを叩けば完了です。

npx webpack --config webpack.config.js

//webpack.config.js
const path = require('path');

module.exports = {
  mode: 'production' ,
  entry: path.resolve(__dirname, 'lib/app.js'),
  output: {
    filename: 'app.min.js',
    path: path.resolve(__dirname, 'dist')
  },
  resolve: {
    alias: {
      'vue$': 'vue/dist/vue.esm.js'
    }
  }
}